国際化の時代。国内で生活したい外国人をお手伝いします。

国際化が進み、街のいたるところで外国人を見かけることも多くなりました。

日本の文化を気に入って日本で生活したいという外国人や、語学学校の講師や外国料理店の料理人などの専門職として国内で働く外国人、国際結婚で日本で生活する方や、日本国籍を取得(帰化)する方…
これからは「外国人技能実習生」の制度で規定の仕事をするために訪れる外国人も増えることで、日本で生活したい外国人だけでなく、外国人を雇いたい、留学生として招きたい方からも、日本で生活するための資格「在留資格」のニーズが高まっています。

 資格を取りたいものの、条件や必要とされる書類なども多く、難しい日本語が分からない外国人や、受け入れ側にとって取得はハードルが高いのが現状です。

行政書士にご相談頂ければ、どのようにすればよいか丁寧にご説明致します。

在留資格の種類と内容


在留資格の種類は多くく2つに分けられます。

活動類型資格

日本で「それぞれが定められた活動」を行うことを目的とした資格です。
外国料理の調理師(「技能」カテゴリー)は日本で料理をするために来日を許可されていますので、それ以外の仕事を行うことはできません。

地位等類型資格

日本で生活することを認められた資格です。
該当するものとして、永住権・日本人の配偶者や子ども、永住者の配偶者や子ども、日系3世や中国残留邦人などが該当します。

外国人が入国する際に必要なものとして、ビザ(査証)もありますが、ビザは「この旅券は有効なものであり、ビザに記載された範囲で旅券所持者を日本に入国させても問題がない」というお墨付きのようなもので、出国する国で発行するものとなります。
入国後、長期間滞在しても問題ないという審査を受けて、在留資格を持つ外国人に在留資格認定証明書や在留カードが発行されます。

外国人を日本に招きたいとお考えの方は、行政書士に是非ご相談下さい。

マンガで見る在留資格


(外部サイトへリンクします)