行政書士の業務

行政書士とは?

皆様の生活をサポートする身近な「街の法律家」

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理等を行います。
行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。
又、社会生活の複雑高度化等に伴い、その作成に高度の知識を要する書類も増加してきています。

行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、又行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われています。

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続の業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続の専門家として国民から大きく期待されています。

扱う種類は1万種類以上!

書類作成のプロである行政書士が扱うことができる書類は1万種以上と言われています。
役所に提出する書類であれば、だいたいのものは相談に乗ることができるでしょう。

それ以外にも、契約書などの作成や会計業務など、行政書士の業務は多岐に渡ります。
行政書士は、あなたの身近なところにいてどんなことでも相談に乗ることができる「街の法律家」です。
困った時はいつでもご相談下さい。

行政書士の主な業務

遺産・遺言

遺産分割協議書作成 遺言作成の相談 戸籍、相続財産調査 相続関係説明図の作成等

契約書・内容証明などの書類作成

各種契約書作成 内容証明書作成 告訴・告発状作成 交通事故報告書作成

建設業等の営業許可申請

建設業許可申請 経営規模等評価申請 入札参加資格審査申請 参拝業許可申請 飲食店営業許可申請 古物商許可申請 倉庫業許可申請 麻雀店営業等風営法許可申請 酒類販売業許可申請 その他許可申請

自動車登録・運輸

自動車新規登録申請 自動車移転・抹消申請 車庫証明申請 貨物運送業許可申請 特殊車両通行許可申請 旅客運送業許可申請

会社・法人設立

株式会社設立 合同会社設立 一般社団法人設立 NPO法人設立 学校法人設立 医療法人設立 宗教法人設立 定款作成など

会計業務

会計記帳事務 決算、財務諸表作成 融資申し込み手続き 地方税還付請求など

土地・建物利用

農地転用許可申請 開発行為許可申請 国有財産払下申請など 

福祉

介護事業指定申請 ショートステイ、グループホーム指定申請 福祉用具貸与事業指定申請など

外国人の生活

在留審査手続き 在留資格変更申請 永住許可申請 帰化許可申請